よくある質問

お探しのものが見つからない場合は、お気軽にお問い合わせください。

大麻の植物原料を乾燥させ、粉砕して粉末状にします。これにより、表面積が大きくなり、短時間で効率よく抽出することができます。抽出には超臨界CO2 を使用し、カンナビノイド、ワックス、テルペン類を優先的に抽出し、植物の炭水化物やクロロフィルなどの不純物の交換を抑制します。この抽出液をさらに処理して、ワックス、THC、その他の不要な化合物を除去します。

フォリウムのエマルジョンは、最適化された組成と独自の製造プロセスにより、精巧に作られたフォーミュラです。一般的なエマルジョンは、約1000nmの大きさの液滴を使用します。マイクロエマルジョンの低い表面積は、効果的でない、安定していない吸収をもたらします。フォリウムのエマルジョンでは、液滴の大きさは10~100ナノメートルです。

抽出されたオイルは、THCを除去する独自のクロマトグラフィー媒体にかけられます。最終的なオイルには、カンナビノイドが75〜85%、テルペンが1〜4%含まれています。

適正な摂取量を確保するために、医療従事者に相談されることをお勧めします。また、お客様には、CBDオイルを定期的に摂取する前に、お選びになった販売店に製品テストを依頼する権利があります。

CBD Isolateは、様々なIND(Investigational New Drug)申請に使用されています。GWファーマシューティカルズは、CBDを有効成分とする医薬品を米国食品医薬品局に承認申請中です。

ブロードスペクトラムCBDヘンプオイルは、ブロードスペクトラムCBDヘンプオイルに含まれる他のカンナビノイド化合物やテルペンとの相乗効果により、純粋なカンナビジオールの単離物よりもはるかに効果的です。

THCが検出されないヘンプオイルを使用した消費者向け製品は、州ごとに法的に認められており、植物性エキスでCBDの供給を望む消費者にソリューションを提供しています。

私たちの体には、エンドカンナビノイドシステムと呼ばれる内因性のシステムがあります。このシステムには、カンナビノイドに反応するカンナビノイド受容体があります。これらのカンナビノイド受容体は、カンナビノイドと物理的に相互作用し、細胞の変化を引き起こし、広範囲の病気や症状を総合的に緩和する効果をもたらします。

THCは単独でも、他のカンナビノイドと組み合わせても臨床的価値があります。しかし、Foliumの広範な麻抽出物に含まれるカンナビジオールと他の主要カンナビノイド、マイナーカンナビノイド、テルペンは、ホメオスタシスに対処するには十分すぎるほどです。

かつては一般的に考えられていたことですが、現在の研究では、THCとCBDはそれぞれがなくても十分に機能することがわかっています。THCを含まず、他のカンナビノイドがいくつか含まれているブロードスペクトラム製品は、カンナビノイドがそれぞれの効果を補完し合うことができるため、最も有益です。

はい、すべての製品は、UHPLC試験法を用いて社内で力価と純度を検査しており、分析証明書と力価報告書を確認することができます。また、フォリウム社はISO認証を受けた独立した第三者機関と協力して、社内の結果を検証しています。それぞれのテストにより、製品が無溶媒であること、最も厳しい品質基準を満たしていることが確認されています。

どのような治療法であれ、使用前には必ず医師に相談する必要がありますが、世界中の人々がホリスティックCBDオイルを使用して様々な症状の治療に成功しています。

フォリウムバイオサイエンスの全製品リストはこちらからご覧いただけます。バルクおよびホールセール価格については、こちらからお問い合わせください。

Folium Broad Spectrum Hemp Oil products contain 0.0% THC and our Full Spectrum Hemp Oil products contain <0.3% THC.

植物性カンナビノイドとは、大麻植物が作り出す天然由来の化合物です。大麻に含まれる植物性カンナビノイドは、CBDやCBGなど113種類が知られています。

エンドカンナビノイドは、人間や動物が自然に作り出すものです。

はい、すべてのFoliumヘンプは、2014年米国農業法案の7606条に基づいて生産され、コロラド州農務省に登録されています。

ヘンプオイルの用途は、食品、飲料、外用剤、サプリメントなど多岐にわたります。

カンナビノイドとペット

人の場合と同じように、エンドカンナビノイドシステムを刺激して、ホメオスタシスと呼ばれる体のバランスを回復させる働きがあります。

フォリウムは動物にTHCを与えることを推奨していません。動物の種類によって、この化合物に対する反応が異なります。犬はその精神作用に非常に敏感であることがわかっていますが、猫はそれほど影響を受けないことがわかっています。馬のような大きな動物にTHCを投与すると、過剰な興奮や薬物検査の陽性反応を引き起こすため、動物と飼い主の両方にとって危険な可能性があります。